接客者は、葉の上の水滴のように。

Pocket

少し前から、千利休を勉強しよう!と、ちょこちょこ本を読み進めていました。そこで共感した言葉があったので、今日はその紹介を。

***********

接客は《相手に合わせるべき》なのか《自分のスタイルを持つべき》なのか。

少し前にも「お客さんによって、接客を変えますか?」と聞かれました。

変えると言われれば変えるし、変えないと言われれば変えない。

そして、じゃあどっちが正解なの?と言われると、どっちも!としか言いようがない。それを言葉で人に説明するのが難しかったのですが、この本にヒントが書いてありました。

この本は実話ではなく、もし今現在に千利休が生きていて、飲食店のコンサルタントをやったらどうなるか?という架空の話です。そこに、こんな言葉が出てきます。

【葉の上に落ちた水滴はそのもの自体は何も変わらない。しかし、下に緑の葉があれば緑の水滴に見える。紅葉の葉があれば、赤い水滴に見える。水滴という本質自体は変わらないけれど、人によって見え方を変える。それがいい接客というものです。】

まさに、こういうことだよなーと妙に納得してしまいました。

**********

自分自身の本質は、何も変わらないこと。

だけど、相手に合わせて自分を染められること。

主張するわけでもない。ただ、自分が存在することで、より一層相手を輝かせれたらそれが1番いい。

そんなことなのかもしれないなと、この本を読みながら思いました。

千利休さん、まだまだ飽きずに勉強させて頂いています♪

同じ国に生まれたことに、心から御礼を申し上げたい次第でございます。

***********

日々、いろんなやってみたい仕事が思い浮かびます。そしてふと考えてみると、そのどれもが人と直に接する職業です。

私は、超のつくほど人見知りです。大勢の人がいるところに突撃するのが本当に苦手です。知らない人ばっかりの立食パーティーとか、本気で泣きたいくらいです。親戚とか、従兄弟とか、親族であっても。笑

それでも、人が好き。

本当は人が好きなのに、自分から距離を縮められない。そういう部分があるからこそ、接客業というきっかけを必要としている。自分のために、必要としている。

苦手があるからこそ、それを武器に出来たらいい。

そんな人間でいたい。そう思います。

**********

今日も、たくさんの人と出会えて、本当に楽しかった♪

いつも寒いなか立ち寄っていただいて、ありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします。

*********

最後までお付き合い頂きありがとうございました。豊田市駅の移動カフェcafebusnonの希でした。

2017年02月08日 | Posted in バリスタのこと, ブログ, 移動販売のコト | | 4 Comments » 

関連記事

コメント4件

  • たまごサンド より:

    とりあえず、本、買いました(笑)
    読んで勉強します!

    • non より:

      たまごサンドさん

      それはそれは♪

      私は、前にたまごさんに教えていただいた本がとても好きだったので、同じ作者さんの本を新しく買いました♪

  • KT より:

    のんちゃん、こんばんは。
    もし、この時代に千利休がいたらそうかもね。
    水滴が、のんちゃんだとすると変わらずに(自然体)、お客様が子供や、お年寄りのとき、初対面の人から常連さんでも、どんなときでも臨機応変に色を変化させて良い接客してると思う。

    これは、自分のスタイルが確立されているから。
    もし、最初から水滴に色が付いていた場合(透明とは限らない)はきっと濁った色になり不安定な接客になるんじゃないかな。

    お客様の笑顔のもとは、
    全てのメニューにのんちゃんが隠し味(引き立て役)となって入ってるからだよ。

    オマケです。
    昔、お客様の顔を見てパスタの茹で加減を調整するお店がありました。
    ほんの何秒の違いだから変化は感じ取れないかもしれない。でも、その心遣いが嬉しかった。

    • non より:

      KTさん

      《自分のスタイルがあるからこそ、臨機応変に》
      …なるほど!

      今の課題は、初めましてのお客さんにこそ、初めましてと思わせない居心地を感じてもらうか、です。
      いつものお客さんも、とっても大切。
      だけど、新しいお客さんが入ってきにくい空間になっていないか、もっと気を配らないといけないなと思ってます。
      こういうの考えるの、ホント楽しいです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です