エスプレッソとは、麻薬である。

Pocket

エスプレッソとは、麻薬である。

 

この言葉は、【A Film About Coffee】というコーヒーの映画の中で、下北沢にあるべアポンドのオーナー田中勝幸さんが放った言葉である。

べアポンドとは、コーヒー好き(エスプレッソ好き、といったほうがいいかも)なら誰もが知っているお店。

このお店のエスプレッソを飲んでみたくて、全国の人が下北沢を訪れている。そして、私も例に漏れずその一人として、行ってみた事がある。

そして、そのエスプレッソを飲んでみて、この言葉がストンと腑に落ちる。

 

そう、あれはまさに、飲み物ではなく麻薬だった。

ベアポンドのエスプレッソは、他のお店が大体30ccなのに対して、極端に少ない。それは、たった数滴。でも、その数滴のインパクトがものすごい。

そして、客に媚びないオーナーのスタイルが、たまらなくかっこいいのである。

ベアポンドのHP

 

おかえりなさい、チンバリ君

久しぶりに、貸していたエスプレッソマシンが帰ってきました。約半年ぶりのご対面。

久々に会う彼は、かなりご機嫌でした。

久々に触る彼は、熱いハートを燃やしていました。

久々に落とすソレは、やっぱり私の心を鷲掴みにしました。

 

あぁ、最高。

 

バリスタという生き方

【バリスタ】って、職業の名前じゃなくて【生き方】だと思う。

コーヒーと向き合う人。客と向き合う人。距離感と向き合う人。仕事という時間だけでなく、人生においてきっとその人はバリスタだ。

いいコーヒは、いい朝をつくる。

いい朝は、いい毎日をつくる。

いい毎日は、いい人生をつくる。

つまり、いいコーヒーはいい人生をつくるのである。

そして、その誰かのいい人生に携われるのが、バリスタだ。

 

 

コーヒーを淹れる人は、多くを語らない人がいい。

コーヒーを淹れる人は、粋な人がいい。

コーヒーを淹れる人は、ちょっと不器用な人がいい。

 

 

 

今日の朝は、ラテにしようか。カプチーノにしようか。ソイラテもいいし、マッキャートも捨てがたい。すとんとしたアメリカーノもありだなあ。

こんな悩みができるのは、人生最大の贅沢だと思う。コーヒーがある日常は、今日も私をときめかせてくれる。

love coffee.

 

ソーシャル

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です