【ドリップ体験】松本珈琲工房

Pocket

 

先日、松本珈琲工房さんのドリップ体験をしてきました

たまたま豊田市駅のT-FACEにお買い物に行ったら、何やら美味しそうな匂いが。なんと改装されておしゃれになった6階のカフェっぽいスペースで、有名な松本珈琲工房さんが珈琲教室を開いていました。

つむつむ君抱っこしてるし、、、どうしようかなあ~。いや、でも、やりたい。っていうか、これ1000円で松本珈琲工房さんのドリップ方法教えてもらえるなんて、やるしかない。

というわけで、ちゃっかり体験してきました。

 

松本珈琲工房さんを知ったきっかけ

 

もう2、3年前。大好きなカフェがありました。日進にある、女性が一人でやっているお店。珈琲とマフィンの小さなお店。木金土しか営業しない、隠れ家のようなお店。

そのお店を知ったきっかけは、店主さんがたまたま見つけたnonによってくれたことがきっかけでした。

お店以外にも素敵な本業があって、その帰りにふらりと寄ってくれたその人は、コーヒーを飲んでにっこり笑ってくれました。

その人に会いたくて、私もそのお店に通うようになりました。

松田珈琲工房【Cafe Noccal】

松田さんの淹れてくれる珈琲は、いつもとびっきり美味しかった。元気が出ない時、雨で仕事がなくなった時、今日なにしようかなっていうお休みの日。松田さんの珈琲が恋しくなる。そして、松田さんに会いたくなる。そんなお店だった。

その、松田さんが修行されたお店が、松本珈琲工房。

カフェノカルはある時、ご実家の都合によって、閉店してしまった。でも、今でも松田さんに影響を受けた人が、たくさんいる。私もその一人、かもしれない。

あの大好きだった松田さんのコーヒーの大元だ。体験しないという選択肢はない。

 

松本珈琲工房のドリップの特徴

 

体験で使ったドリッパーはコーノ式。コーノ式は、丁寧に入れるイメージがあったが、まさにその通りだった。

豆は、たっぷりとコーヒーカップ1杯に対して16g。挽き目は通常より粗めの中粗挽き。お湯は少し冷ました85度前後。ペーパーフィルターの折り目は深めにおって、しっかりと穴からフィルターを出す。

蒸らし、というよりは、ぽた、ぽた、と一雫ずつ落とし、浸透させるようなイメージ。真ん中に一雫づつ垂らしていると、やがてドーム状に膨らむ。

下に濃いコーヒーが落ち始めたら、ドリップする速度を上げてぐいっと太めのお湯で抽出する。

ポイントは、粗めに挽くことで微粉をなくしすっきりとさせること。そして、最初にしっかりと濃いコーヒーを抽出しておくことでコクを出すこと。途中から速度を速めること。

原理的には、以前教えてもらった松屋式コーヒーとなんとなく似ているイメージでした。

 

ドリップ方法は、無限大

 

ドリップに、正解はない。それぞれのお店で、それぞれの理論を持って、独自の美味しいコーヒーを生み出している。そして、自分の好みに合わせて調整し、提供する。

ドリップ方法は一つではないのだ。

だからこそ【自分は、これが好き】というものが見つかると、嬉しくなる。

正解はない。だから、一つの方法に固執せずにいろんな方法を知っておくこと、自分のコーヒーをアップデートすることは、さらなる喜びや楽しさにつながる。

先入観をなくして、いろんな話を聞いてみることが大切。

 

************

 

この日の松本珈琲工房さんのブログに、体験中の私が写ってました。

松本珈琲工房さんのブログ

つむつむ君を背中に回して、そっちのけで体験するベリーショートの主婦の人です。笑

 

いやあ〜、いい1日になりました。松田さん、元気かな。またいつか会えるといいなあ。ナカジマノゾミでした。

今は閉店されていますが、カフェノカルのHPです。

 

ソーシャル

関連記事

コメント4件

  • 麦わらのようくん より:

    いつも 会ってる 松本さん って
    すごい人 だったんだ
    びっくり です

    • nonnon より:

      麦わらのようくんさん

      おぉ〜!そうなんですね。
      私の中では行ってみたいお店であり、会ってみたいお方でした^^
      ラッキーでしたー♪

  • ながたさん より:

    こやつ、ただ者ではないと感じたので、隠し撮りされましたねw。

    • nonnon より:

      ながたさん

      いやいや、子どもを背負っているフォルムが面白かったのだと思います。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です