イラッとしづらくなる技術

Pocket

私は生活をしていて、イラッとすることが少ないです。

dsc01821

なので、よく「怒ることあるの?」と言われます。まったくないと言ってしまえば嘘になりますが、そんなにイラッとすることはありません。ストレスを発散する、というよりはストレスが溜まりづらい生き方だなあと思います。そうではない時期もありましたが、現在はそう言い切れます。

それはなんでだろうと考えたときに、「他人に期待をしていないから、怒れないのではないか」と、自分は冷めた人間なのではないかと思うこともありましたが、最近ではまた別の説を考え始めました。

*************

《相手を信頼していれば、そこまでイラっとしない》

例えば、仕事を頼んだのに、やってくれていなかった。いらっとしちゃうあるあるです。「この作業を優先してやっておいてね」とか、私の場合は飲食店が多かったので「あのテーブル片付けて来てね」とか、後輩や仲間に伝えたとします。

で、ちょっとしてから見に行くと、「やってないじゃん!イラッ!」もう、よくあるイライラのやつです。

そういう時、目に見えたのものだけで判断してしまうと、ムカッとしたりイラッとしたりして「やってないけど、なんで?」と問い詰めたくなってしまいます。

なので、自分の感情にワンクッション入れることをおすすめします。

************

「あれ?頼んだことやってくれていないじゃん!」そう思ったら、次に色んな可能性を考えます。

(もしかしたら、それ以上に優先するべきことを誰かに頼まれたのかもしれないな)とか(もしかしたら、朝からずっと体調が悪かったのを我慢して、裏で少し休んでいるのかもしれないな)とか(もしかしたら、トラブルの電話があって作業を中断せざるおえなかったから遅れているのかな)とか、いろんな可能性がある事を考えます。

その可能性が、正しい正しくないは関係ありません。それを心のなかで一旦考えてみることで、感情と相手との間にワンクッションおきます。

その後にそれを踏まえた上で、「やってないけど、なにかあったの?」と聞いてみると、問いただす口調ではなく普通の会話で訊くことが出来ます。そこで、「実はこういうことがあって、まだ出来てません。」そう言ってくれたら、「今の状況だと、優先はこっちだよ。」と教えてあげたり「その場合は、そっちを優先してくれて正解だよ、あなたの判断は正しかったよ。」と肯定してあげられます。

**********

お客さん対応にしても、同じことが言えます。

(このお客さん、なんか感じ悪いなあ…)接客業をしていたら、必ずそういうことってあります。

なので、私はそういう時、(ここに来る前、なにか嫌なことがあったのかな?)とか(電車の時間ギリギリで急いでいるのかも)とか(もしかしたら、感じが悪いと思ってしまうような喋り方の人だけど、この人にとってはこれが普通なのかもしれないぞ、むしろ機嫌がいいのかもしれないし)とか、いろんな可能性があることを考えます。

そう思うと、イラッとしてしまうって事は、自分だけの方向から物事を見ている時だと気付きます。

相手のすべてを分かってはあげられないけど、相手にもいろんな事情や状況や可能性があるってことは想像できます。

私は、私がベストだと思うように行動している。そして、相手は相手がベストと思うように行動している。片方からだけの世界は存在しない。誰に対してもそう。

その根本は、目の前の相手を信頼する事がベースになる。

*********

自分の主観だけが、世の中の正解ではない。相手を信頼するってそういうことなんだと思う。

例えば、私が、こういう発信のしかたをしているのもそう。読んでくれている方が「増田希のいっていることが必ずしも正解ではない」ということを、理解してくれると思っているからこそ、「私はこう思う」を発信出来る。

「私の言うことが絶対だ」「私の言うことが全てだ」では、ちょっと変な話になってくる。

「私はこう思う」でも、それがすべてじゃないからね、自分の頭で考えてね。困った時はひとつの例として、参考になればいいな。でも別の方法が良いと思ったらそっちを選択してね。自分で決めてね。

発信する人って、そういう気持ちで発信していることが多い。だから、受けとる方も、「この人の言っていることが全てじゃない、でもこの部分は参考にしようかな」そんな気持ちでいてくれることを願っている。

大切なのは、自分の頭で考える事。あなたがあなたのことを決めること。

***********

ちょっと話はそれましたが、私のイラッとしづらくなる技術でした。

あ、でも、もちろん人間なので怒れることもありますし、相性が合わない相手もゼロではないです。なので、あえて、イラッとしなくなる技術じゃなくて、しづらくなる技術です。悪しからず。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。豊田市駅の移動カフェcafebusnonの希でした。

ソーシャル
2016年09月25日 | Posted in NONのこと, ブログ, 働くシアワセ, 生きるシアワセ | | 4 Comments » 

関連記事

コメント4件

  • ねぶ より:

    のんちゃんこんにちは^^

    イラッとしない様にする。それは相手に対する優しさもあるかもしれないですね。
    相手の行動や言動に対して、一度自分の中で噛み砕いて相手の事を考え発信する。とても丁寧な行動だと思います。

    なんだか今日はすごく良い気分です^^

    • non より:

      ねぶさん、

      う〜ん、そうですね。
      自分に対してしてあげられること、という所が大きいですが所が大きいですが結果的にそうなのかもしれませんね^^
      ストレス自分にかかることを極力なくしたい、そう思うと人にも優しくなれるのかもしれないですね♪

  • たまご より:

    いや、この話、ドンピシャのタイミングで刺さった。。
    あとは実践あるのみ。
    ありがとうございましたm(_ _)m

    • non より:

      たまごさん

      たまごさんにも、そういう時あるんですね〜♪いつも包容力の笑顔しか見たことないので、
      ある意味安心しました♪笑

      こちらこそ、です*

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です