【ポジティブの教科書】武田双雲

Pocket

【ポジティブの教科書】 著者:武田双雲

 

お茶の入った湯のみがあります。あなたはお茶をひと口飲みました。さて、どう思うでしょう?「こんなに熱くちゃヤケドするよ!」「味が薄い!」「コーヒーのほうが良かった!」「冷えた身体が温まるよ」「美味しい!どこのお茶だろ?」「落ち着くなぁ。ありがたいなぁ。」お茶の入った湯のみ。2つとも同じ温度で同じお茶です。あなたはどう感じますか?何を思いますか?何に気づきますか?

同じ出来事が起きたとき、「うわ〜最悪だ」と思う人と「このおかげで」と思う人とどっちが幸せだろう?出来事は現実として目の前にやってくる、それは変えられない事実。出来事は変えられないけど、捉え方は自分次第で変えられる。

当たり前のように目の前にあるもの。それ自体に、いつも感動し感謝する練習方法も。もし、パソコンがなければ、今のようにブログを書くことも出来なかった!インターネットがなければこんなに世界が広がることもなかった!すごい!発明してくれた人ありがとう!!車という乗り物がなければ、移動販売もなかった!コーヒーがなければ、こんな毎日もなかったかもしれない!すごい!ありがとう!!本がなければ、双雲さんを知ることもなかった!出版社さんありがとう!本屋さんありがとう!!こんな具合です。

こうしてみると、日々の生活はありがとうに溢れていることに気付きます。些細な事に、日々感動する、感謝する。毎日がちょっとわくわくする。そんな本です。

競争しない、比べない、頑張りすぎない、そんな双雲さんメソッドが詰まってます。

ソーシャル
2016年07月23日 | Posted in おすすめの本, 元気になりたい時の本 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • ねぶ より:

    こんにちわ^^
    『ありがとう』という言葉、いろんなとらえ方ありますよね。
    自分はこの言葉、希さん(nonさんの方がいいかな^^;)の様にいつもこころに在り、そして大切にしています。

    自分の親友でそちらの方で、音楽活動通していろんな支援活動などもしている、「よしかねたくろう」という人間がいます。普段はふざけたことの方が多い関係の彼なのですが、自分は現在精神障害を患っており、ある日その話を彼にした時に、
    「ねぶちゃん、これくらいのことしかできないけど」
    と、自分の為に励ましの曲を作ってくれました。涙が出ました。うれし涙です。
    とても前向きになれました。

    しかし、まだ精神障害は続いておりますが、気持ちが落ちそうになったときには、このもらった曲を聴いてまた前向きになります。本当に彼に出逢えて『ありがとう』と思ってます。
    そして彼自身の曲にも『ありがとう』という曲があります。
    心に響く曲なんですよ^^

    そして希さんのブログにも出逢えて『ありがとう』です^^

    • non より:

      希でも大丈夫ですよ♪またはのんちゃんでも♪
      励ましの曲…すてきですね。その曲を考えている間ねぶさんのことを心から思って
      書いてくれたんですもんね。だれかがそう思ってくれてるって思うと、本当に幸せな気持ちになりますね。

      私も、自分で自分を縛ってしまいすぎた時期があって、精神的に少し参っていたことがありました。
      その時やっぱり支えになったものは、家族と友達でした。
      私もねぶさんに出会えてありがとう、です^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です