【億男】川村元気

Pocket

億男

51zOmBRRgOL

映画プロデューサーの川村元気さんの本。《電車男》《モテキ》《悪人》《告白》などの映画を手がけている。優れた映画製作者へ送られる、「藤木賞」を受賞。この億男も、本屋大賞ノミネート作品。

普段全くと言っていいほど、物語読まないんですが、この本はとても気になって読んでみました。本に対しての評価がすごく分かれているのは、「小説」として読んだか、「お金とはなんだろう?」という参考書のような受け取り方で読んだか。その差だと思います。小説として読むのではなく、お金の価値を考える本として読むと面白いんじゃないかなと思います。

****************

大きな借金を抱えていた主人公が、ある日宝くじで3億円当ててしまいます。そこから物語が始まります。親友に取られてしまったり、お金が増えて増えて困ってしまう人と出会ったりします。

本文でも出てくるビートルズの歌詞

Can’t buy me love, love
Can’t buy me love

愛は買えない、愛は
お金じゃ買えない

I’ll buy you a diamond ring my friend if it makes you feel alright
I’ll get you anything my friend if it makes you feel alright
‘Cause I don’t care too much for money, money can’t buy me love

ダイヤの指輪を買ってあげるよ、それで気が済むのなら
何だって手に入れてあげるよ、それで君が済むのなら
だって僕はお金なんてどうでもいい
お金じゃ愛は買えない

I’ll give you all I got to give if you say you love me too
I may not have a lot to give but what I got I’ll give to you
I don’t care too much for money, money can’t buy me love

持っている物はみんなあげるよ、愛してると言ってくれるのなら
そんなにたくさんはないかもしれないけど、あるものはみんな君にあげる
だって僕はお金なんてどうでもいい
お金じゃ愛は買えない

Can’t buy me love, everybody tells me so
Can’t buy me love, no no no, no

お金じゃ愛は買えない、皆がそう言う
お金じゃ愛は買えない、絶対にムリなんだ

****************

お金で愛は買えない。誰もがそう信じている。そう信じようとしている。だが、果たしてそうなんだろうか。きっとお金で、愛は買える。人の心も買える。だからこそ、僕らは、お金では買えない、愛や心を探している。

お金を悪でもなく正でもなく客観的に捉えることは、もしかしたらけっこう難しいのかもしれない。お金=信用、お金=欲、お金=…。お金持ちになりたい、という人は多い。お金持ちになることは、悪いことじゃない。でも、何故お金持ちになりたいのか、お金持ちになって何をしたいのか、を考えることはすごく大切な気がする。

 

ソーシャル
2016年08月07日 | Posted in おすすめの本, 価値観を考える本 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • ねぶ より:

    のんちゃん、夜分遅くにこんばんは^^

    お金。ん~お金・・・
    確かにお金があれば、人生の方向性は変わるかもしれない。
    でも手に入れたお金の在り方によって、お金の存在意義ってものが生まれるのかなぁって思っちゃいますね。

    自分の考えでは、お金で生活や人間性が変わったとしても、愛は変わらないと信じたいですね♪

    • non より:

      おかねをフラットに考えないと、お金に感情を支配されてしまう。
      あったらあっただけ幸せだ、と勘違いしてしまう。

      個人的には、ありがとうを伝えるための道具ってくらいの定義だったりします。
      お金で買えない愛。当たり前のようですごいことなのかもしれないですね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です