心を籠める、の意味

Pocket

「心が籠っていますね。」よく聞く言葉であり、なんとなくあったかいオレンジ色のフレーズ。

img_8675

精神的なものや、祈りや願いのような意味で使われることもあるけど、私の思う《心を籠める》というのは、ちょっとニュアンスが違います。

たぶん、伝えきれていないと思うので改めて書こうかなと…。

私の使う《心を籠める》とは《相手を見る》と、ほぼ同義語です。《念じる》とか《想う》よりもっともっと理論的なもの。

相手を見る、とは、相手の状況を目で見て察する、想像する、ということ。

*************

例えば、いつもホットコーヒーを飲むお客さんがいたとします。その時に、丁寧に気持ちを込めてドリップするのは当然なんです。

で、さらにそこから(今日の天気)だったり(話している内容)だったり(いまの状況…出勤時なのか、食後なのか、目覚ましなのか、休日なのか、とか)を想像してほんのちょっとだけ微調整することを《心を籠める》と表現しています。

朝起きた時と、寝る前では、きっと美味しいと感じるコーヒーは違う。

快晴と雨の日でも、元気な時と風邪の時でも違うかもしれない。

あ、このお客さんは猫舌だったな、とか。このお客さんはこうやって飲むからこうしよう、とか。

今、言ってほしい言葉はなんだろう?とか。

まだまだ未熟なので、理想通りに出来ているわけではないのだけど…とにかく正面にいる相手を見ないとはじまらない。

そこに答えはないけれど、想像する。

いつもとまったく同じ注文であっても、超、微調整をする。それが心を籠めるということ。

*************

つまり自分側から、祈ったり願ったり、発信するわけではないんです。相手をまっすぐに見て受け取ることが、心を籠めるということ。相手がいなければ始まらない。一人では始まらない。

なので「せっかく心を籠めたのに」という言葉が出てきてしまうことは、ありえない。

《相手が欲していなかったものを押し付けること》自体が、心を籠めれていないのではないかと思うから。

【相手は疲れていて、受け取れる状況ではないかもしれない。そうであった時に、負い目を感じさせない為の配慮】ここまで想像することが、心を籠める、っていうことなんじゃないかと思うのです。

*************

そしてもう一つ、籠める、という意味について。

【籠める】とは、表に出ないように包み隠す という意味があります。

「心を籠めて作りました。」と主張するのではなく、表に出ないようにあえて包み隠す。そんな日本人的なニュアンスがとても好きです。

*************

ん~。なんだか今日も、非常に分かりづらく面倒くさい記事になってしまいました。なんとなく、でも、伝わることを願って。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。豊田市駅の移動カフェcafebusnonの希でした。

今日も、気持ちの良い1日になりますように。

ソーシャル
2016年10月21日 | Posted in NONのこと, ブログ, 働くシアワセ | | 6 Comments » 

関連記事

コメント6件

  • KT より:

    のんちゃん、おはよ。
    今朝は深い話しだね。
    この「籠める」の場合は、俺も最後のかな。のんちゃんの淹れる珈琲は見た目は同じでも、その日、その時の天気や体調で変化すると思う。
    今日も隠し味を入れて、皆んなが笑顔になれるといいね。

    • non より:

      KTさん

      深いのか、意味不明なのか、ギリギリの所かもしれません♪笑
      今日は、どんな隠し味をいれようか♪
      毎日がわくわくです*

  • たまご より:

    きちんとコミュニケーションをとるためには、
    会話の中心を
    「自分の言いたいこと」
    ではなく
    「相手の気持ち」
    に置く意識が大切。
    と教えてもらったことがあります。

    「心を籠める」も同じなんだと思いました。

    • non より:

      たまごさん

      なるほど…
      だからたまごさんには色んな話をしたくなってしまうのかもしれないです。

      『会話の中心を相手の気持ちに置くこと』

      胸に刻みました!ありがとうございます*

  • ねぶ より:

    のんちゃんこんにちは^^

    相手や周りが感じ取るものなんだと思いますよ♪

    • non より:

      ねぶさん

      うんうん、そうなのかもしれないですね♪
      すべてのことに通じそうですね。
      シンプルでありながら奥が深いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です