【繁盛したければ、「やらないこと」を決めなさい】

Pocket

最近、「この本読んでよかったーーー!」とか「やっぱりそうか!」とか「大事なのに忘れかけていた!」とかそんな言葉の書いてある本によく出会います。結構、衝撃を受けたりします。

その1つで改めて言葉として受け取ってよかったなあ、と思った言葉がありました。

《お客さんが本当に払っている価格とは?》

《本当の提供するべき価値とは?》

 

簡単に説明すると…

お客さんが物を買ってくれるときに支払っているのは、商品の値段だけではない。

商品の値段+そこに行くまでの交通費+駐車場代がかかることも+そこに費やす時間。さらに、体力やその他もろもろ…

 

¥300のコーヒーを買うのに300円だけ支払っている訳ではない。だとしたら、《本当に提供するべき価値の大きさ》は、300円の商品だけでは足りないんじゃないか?ってこと。

※だから、原価を上げる とか なにかを付けるっていう事ではなくてコストがかからなくても接客だったり、空間であったり、気持ちであったり、いろんな方法で価値として、提供できるものがないか考えるってこと。

 

お客さんが払っているのは、商品の値段だけではない。そのことを、忘れていませんか?ってこと。

*************

いろんな意見があると思うけど…私にとってはすごく刺さる内容で改めて、大事にしていかないといけない事だし、忘れてはいけないことだと再認識させてもらいました。

**************

ちょっと話は変わるけど、先日読んだ、「エッセンシャル思考」では、《より、少なく。しかし、よりよく。》をすすめていた。

今、本屋さんに行くと《シンプルに考える》をテーマにした本がたくさん並んでる。今日載せた本では《やらない事を、あらかじめ決める》大切さを書いている。

きっと、世の中は 相当、複雑になっているんだなって思う。

数年前、私が悩んでいるとき・シンプルに考えること・自分に素直に生きること を 薦めてくれた友達に改めて、感謝。改めて、ありがとう。

 

 

ソーシャル
2016年06月20日 | Posted in おすすめの本, お店やさん向けの本 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です