ブログ

バリスタとして、あなたに出来ること

昨日の、バリスタって本当に幸せな仕事だなーと思ったこと。

 

IMG_0476 copy

**********

いつもお昼の休憩中に大きなサイズのアメリカーノを買いに来てくれるお客さんがいます。昨日もいつも通りの「16ozのアメリカーノ」のご注文の時に、「いつもより、2割ほど薄めに淹れてほしい。」と、ご注文を頂きました。

私はそのお客さんをいつも、大きなサイズで頼むこと、初めて来店された時に「ホットコーヒー」ではなく「アメリカーノ」と、迷うことなく注文されたこと、1度だけ夕方に来店された時には「エスプレッソのダブル」を無糖で飲まれていたこと

などなど、注文スタイルで、《きっと、しっかりしたコーヒーが好きで、飲み方に対して自分流の楽しみ方を知っているお客さんかなあ》と予想して、すこーし濃いめにお渡ししていました。

************

昨日は、他にお客さんがおらず、コーヒーを落としている時にこんなことを教えてくれました。「世界で1番大好きなコーヒーはお父さんが淹れてくれたコーヒー」であること。「いつものアメリカーノを少し薄くしたら、その味に近くなる」ということ。

*************

きっと、その方にとって「お父さんの淹れてくれたコーヒー」はすごく特別なコーヒー。それを超えるコーヒーはないのかもしれない。でも、その思い出の味に近づけることが出来るなら、出来る限りの事をしてあげたい、と思う。

名前も、まだ知らないないお客さん。でも、どんなコーヒーを求めているか、は知っている。お客さんにとっての、特別な記憶が、すこしよみがえる。そのお手伝いが出来る。本当に幸せな仕事である。

************

コーヒーの苦さが苦手なお客さんもいる。ここのコーヒーなら飲める!といってくれるお客さんもいる。「こんな味」のほうがもっと好みだなあ~、って言ってもらえることは、幸せなことだと思う。

ひとりひとりのお客さんと、お気に入りの1杯を創ること。その為に、知識や技術を身に着ける のがバリスタなんじゃないかな?と思う。

世界一おいしいコーヒーを淹れることよりも

目の前の人にぴったりな1杯を淹れること

それが、私の憧れるバリスタ。

 

お店の主役は、コーヒーじゃない。お店の主役は、人。その為に、知識も技術もまだまだまだまだ、必要。何のために、勉強するのか。何のために、練習するのか。《何のために?》の目的をしっかり持つこと。いつも忘れないこと。

 

改めて、実感した1日。お客さんに教えてもらう事って、本当にたくさんある。有難や。

誰かの毎日に、そっと寄り添う1杯を。

 

**********NON**

 

2016年06月21日 | Posted in バリスタのこと, ブログ, 働くシアワセNo Comments » 

 

ちょっとリアルなお金の話

IMG_6826 copy

 

最近、移動販売を始めたい!と、いう方のお話をきくことが増えました。興味を持ってもらえて、とても嬉しいです。楽しそうって感じたのかな?と、思うとやっててよかったなーと思います。

************

その時に、だいたい言われます。

《それで生活できるなら、やりたい》《なんか儲かりそうだから、やりたい》

 

「それで、生活、出来ますか?」という事に対して、そう簡単には答えられません。その方の立場も分からないし、最低限の生活水準理想としている生活水準も分からないので・・・。

せいぜい、「私は、出来てますね~」と、言えるくらいです。ちなみに、私はほとんど物欲もなく、実家暮らしです。そこそこ両親に甘えているし、いつもこっそり手伝ってくれます。養うべき人はいないし、縛られるものもないです。

すっごーく恵まれている環境です。ちなみに、物欲がないっていうのは毎日好きな事しかしていないので、日々のストレスがなく、必要以上に消費する行動欲求が起きない、ってことです。好きなものは買うし、食べたいものは食べるし、行きたいところは、行きます♪

 

*************

移動販売。

リスクは少ないけど、きっと利益も少ないだろうと、始める前から、割と冷静に考えていて。

《もしかしたら利益は全く出ないのではないか?》《1番売上を立てられなかった場合を想定したとして》最初の開業資金でローンを組むと後々、お金に追われるのではないか?

 

そういう気持ちから、ローンは組まず、1年後の10月までに全額貯めよう!と、とにかく貯金することにしました。200万そこそこなら、頑張れば、出来る。お昼と夜と、20時間近くバイトを入れまくったり、睡眠時間=電車の移動時間だったり、1年間そんな感じで、働きました。若かったから出来たんだと思います。

 

あとは、働きまくったらどれくらい働けるんだろう?自分の身体の限界ってどれくらいだろう?という、興味もあったりして。そんな調子で、晴れて開業♪したわけですが、無知すぎた私は《運転資金》というものをめちゃめちゃ甘くみていました。あーれー

**************

で、結局、最終手段。お父さんに「100万円貸して下さい。」というお願いをしました。そもそも始めるときですら、何の相談もせずに、「私、移動カフェやるから。」という事後報告にはじまり、「お金貸して。」って、言いに帰ってくる娘・・・

 

それに対して、「やりたい事をやれ」といって、1.5倍くらいの金額を貸してくれました。

 

トラブルが起こったときお父さんに話すと「お前が正しいと思う事をやれ。」

「それが世間的に間違っていたとしても、誰かに批判されても、

 俺は絶対味方だし、帰ってくる場所はあるんだから。」と。

 

そんな最高な親父さんです。その言葉があったから、今があります。で、お母さんは私の要求に呆れながら、いつも手伝ってくれます。とにかく家族環境にも最高に恵まれています。

*************

それから、移動販売といえば出店場所の確保が、とても重要だったりするのですが、それだって、本当に運よくご縁で最高に恵まれている紹介を頂いて。香嵐渓にしたってそう。豊田市駅にしたってそう。いろんなことに、ものに、感謝しかないです。

************

で、そのいろんな有難い幸運が重なって、今私は生活が出来ている、に過ぎません。

*************

そもそも利益でない前提でなぜ移動販売を始めたのか。わくわくして、どきどきして考えるだけで、楽しくなる。そんな感情にさせてくれた移動カフェ、という商売。

1杯のコーヒーを通して、誰かの日常にとけこめるようなコーヒー屋さん。笑顔を発信できる人になりたい。そんな人生を送りたい、という気持ち。それが高まりすぎて、我慢できずに始めちゃいました。ただただ、そんな感じです。

************

儲かるか、儲からないか、で成功と失敗を判断するなら、あまりおすすめはしません。

************

めずらしく、ちょっとリアルな話を書きました。現実的な話で、面白くもないかもしれないけど。相談されることが多くなってきたので、お伝えしようと思いました。

**************

ぽちぽち返していたお父さんローンが今月で返済完了します。これがなかったら、今、は ない。

 

お父さん、お母さんへ

いつも迷惑かけてごめんなさい。

そして、ありがとうございました。

《わたし》に生まれてきてよかった。感謝。

 

**********NON**

2016年06月21日 | Posted in ブログ, 移動販売のコトNo Comments » 

 

手が真っ黒になるまで、働けるってこと

「お休みとっているんですか?」と、ちょくちょく心配していただく事があります。私はわりと休んでいるほうですが、サービス業や自営業って、お休みが少なくなりやすいです。

ただ、コーヒーを淹れることは楽しくて仕方がないので毎日が遊びのような、仕事のような、・・・いや、やっぱり遊びに近いかな。そんな感じなので、お休みでもお休みでなくても、どっちもいいと、いう感じです。

もちろん、お休みはお休みで嬉しいですけどね。

************

始めたばっかりの時は働きたくても、動けない。疲れる事すら、できない。そんな日がほとんどで、その方がよっぽど精神的に疲れていたような気がします。

 

IMG_7840 copy

 

だから、こうして毎日手が真っ黒になるまで、コーヒーの色や香りが染みついてしまうまで、ふれられているってことが、すごく嬉しい。

 

ネイルも似合わない。

指輪も似合わない。

手をつないでも華奢感もなーんにもない。女性の手とは思えないほど、ごついかもしれないけど、誰かの為に、何かが出来る。そんな自分の手が、私は大好きです。

大好きなブログに書いてある言葉です。

欠点は、

あなたにとって、欠けている点ではない。

あなたにとって、欠かせない点である。

 

めしょんさんのブログ

 

**********NON**

2016年06月21日 | Posted in ブログ, 働くシアワセNo Comments » 

 

高校生のラテアート体験

IMG_6373 copy copy

 

今週は、日曜、月曜と、普段しないことをしていました。日曜は、吹上ホールで行われていた《子どもお仕事体験》に出店として参加されていたGOLPIECOFFEEさん のお手伝い。

小学生くらいの子たちに、お仕事体験をしてもらって、楽しんでもらおう!というイベント。

めちゃくちゃかわいかったな。教える、というよりは人見知りのことか、恥ずかしがり屋さんのことか、「頑張れー♡」と思いながら応援してました。なんか、もうね。お手伝い、仕事、という名目で癒されてきました。

*************

そして、今日は夏休み中の高校生の子たちに、ラテアート体験をしてもらっていました♪

 

自分の仕事だったり、好きなことに対して興味を持ってもらうことは嬉しいことだなーと、しみじみ。もっともっとみんなに作ってもらえたらよかったんだけど、、1人ずつ体験してもらってる間に他の子達の時間を有効活用させてあげられなかったこと、話もなかなか思うように伝えられず、、未熟さを再確認。

この話をもらった時は、《やった事ないし出来るかわかんないけど、楽しそうだからやりたいです!》

と、即返事をしてました。やった事ないんだから、出来るか分かんないのは、当たり前。

だったら、とりあえず、やってみたらいいよね。自分が《楽しそうだな》と感じた事なら。

やってみたから思う事 もあるし、まだまだこういう所が弱いんだなーと自分に対して客観視も出来ました。興味がある生徒さんが喜んでくれたらいいなーと思ってやってみたら、実は、1番、自分の為になっている。そんな事ってよくある。

来年には、もう少し成長して、お伺い致します!

 

そして、担当の先生からの心遣いに、感動。相手の事を考えるって、こういう事なんだろうなあ。素敵な先生に教えてもらえる生徒さんは幸せだなー♪

 

***************

それから、その後、時間の使い方について、考える事があった。《相手の時間を尊重することの大切さ》が、身にしみてわかった。1つ勉強になった日。

腑に落ちない事も、なんでやーーー!と思う事も実は、自分の為になっているのかもしれないなあ。

 

**********NON**

 

2016年06月20日 | Posted in ブログNo Comments » 

 

3種類の口コミのこと

IMG_6677 copy

 

豊田で営業し始めてから、数年。「お友達からきいて・・・」といって、来ていただくお客様が増えました。なんとも有難いお話です。それでふと、こんなことを思った。

口コミには、3種類あるんじゃないか?ということ。

 

1つ目は、身内や親しい友達がおすすめしてくれること。「よかったら、行ってあげてね!」という、口コミ。お店の為を思っておすすめしてくれるから《行ってあげてね》《買ってあげてね》という言葉で発せられる。

2つ目は、おすすめすることによって利害関係が出てくる場合や《お世話になっているから》と、おすすめしてくれること。おすすめすることによって、何らかの自分の為になる場合。

3つ目は、まったく利害関係がなく、単純に、あなたは気に入ると思うよ!」「周りの友達にも喜んでもらいたい」という、すすめる相手を思ってしてくれた場合。

*************

どの口コミも、本当にありがたいこと。

ただ、1つ目と2つ目はちょっと間違えると、違う方向に行ってしまうような気がする。《行ってあげなきゃ・・・》より、《行きたい!》と、思ってもらえる。そんなお店でありたい。

そんなお店になれるように努めることを、忘れたらいけない。

 

どれがいい!とか、悪い!とかではないけど3つ目の口コミは私にとって、最も大切かもしれない。

大きな宣伝は、必要ない。

ひとりひとりのお客さんに真摯に向き合うこと、がなによりも大事なこと。

いそがず、あせらず。のんびりを、真剣に。

*************

そして、もう一つ別バージョン。《気に入りすぎて口コミすらしたくない!》《気に入りすぎて有名になってほしくない!》という、めっちゃ!気に入ってくれたパターン。これはこれで、すっごく、愛情を感じる。

ここまで気にいってもらえたら、これまた、嬉しいのである♡

 

**********NON**

2016年06月20日 | Posted in ブログ2 Comments » 

 

温かい記憶の人

IMG_7457 copy

 

火、水、木、金。豊田で営業している日は毎朝来てくれた大切なお客さま。いつも本当にありがとうございました。きっと、会わなかったのは『明日は出張だから来ないよー。』と伝えてもらった、2回だけ。

毎日、8時ちょっと過ぎ。彼はなにも言わずに300円を置く。私もなにも言わずに作りはじめる。・・・正確には、彼の姿が視界に入った時には、豆を挽き始める。

なにも言わなくても伝わっている。そんな関係。多くは語らないけどとても優しいお客さん。並んでいてお待たせしてしまったときも、「大丈夫ですよ。」と、ひと言。その一言にとても救われました。

「いってらっしゃい。」「いってきます。」毎朝のやり取りがとても好きでした。

もう、出来なくなるのはとてもさみしいけど。また、いつかお会いできるのを楽しみにしています。

***************

環境が変わってしまっても、ふとしたときに、《あぁ、そういえば豊田に ちっちゃなコーヒー屋さん あったなあ・・・》と思い出してもらるお店になれたらいいな。

その時に、ふわっと、心の中が温かくなってもらえたら。なお、嬉しい。

コーヒーをお渡しすること。あ、美味しい。と心地よい時間を提供すること。帰り道には、その余韻を楽しんでもらうこと。そして、ふと、ここを思い出した時には心の中が温かくなるような気持ちを感じてもらうこと。

 

ハードルは、高い。でも、それが、わたしのしたい仕事。本質を見失わないように。

何が大切か を 忘れないように。

**********NON**

2016年06月20日 | Posted in ブログ, 働くシアワセNo Comments » 

 

タキナオさんから、感じたこと②

・・つづき

 

IMG_0031 copy

*************

感受性ってなんだろう?あんまり意識して考えたことがなかった。調べてみると、たくさん出てきて、とても簡単に言ってしまえば《人より、多くを感じる人》ってことらしい。

感覚だけでなく、人の感情も。

思い当たる節は、ありすぎるほど、ある。それだから、生きづらいと感じてしまう人もたくさんいるみたいでなかなか深い内容だった。

*************

感覚や感情は人とは比べようがないから、自分の感受性が本当に強いのか、はわからないけど。

1こ 気付いたのはそういう性質があったから、今、こういう仕事をこういうスタイルでしているんじゃないかってこと。

 

どうしたら、目の前の人が喜んでくれるかな?を、考えること。それによって、喜んでくれたら自分が幸せになること。その一つ一つが自分にとって、とても価値があるってこと。小さなことで、心臓がぎゅーってなるくらい苦しくなるくらい、嬉しいと思うこと。

それから、毎日1人でやっているのも、お客さんに集中したいから、のような気がする。

 

***********

プライベートで言えばもっともっと思い当たる。感じすぎないように、自らシャットダウンすることも多々ある。週に1日は、ひとりでいたいのもその1つかもしれない。理由はないけどなんとなく、合う。何かを、感じる。とかも…そんなのも、感覚でしかない。

**********

多くを感じれることが生まれ持った性質なら、本当に幸運だと思う。

全てが嫌になることもあったけど。今は、それを仕事に活かせる。生きててよかった♪

************

自分の事って分かっているようで、意外と分かっていないのかもしれない。自分を知ることは、楽しい。ふと、アートを見たことで、そんなことに気付かせてもらった週末。とても意味のある週末。

この気付きは、もっともっと、いい方に活かせる気がする。個人的な話を長々と・・・

ありがとうございました。

 

**********NON**

2016年06月20日 | Posted in NONのこと, ブログNo Comments » 

 

タキナオさんから、感じたこと①

IMG_0032 copy

ART✖️MUSIC。

はじめて生で見た芸術の創造。

****************

キラキラしたピアノの演奏を背景にアーティストさんがその場で作品を仕上げる。

何にもない、真っ白な紙の上に、筆を使ったり、指を使ったり、スポイトを使ったり、クレヨンを使ったり。水性、油性、いろんな絵の具、それから透明な水。

 

どこに、何を書いてもいい。下書きは、ない。抽象画のようなもの。

筆で飛ばして、指で伸ばして、スポイトで垂らしてスタンプみたいに、トントンと押してみたりササーッと水を流したり、出来てきた!と思ったら全然べつの色で、上から塗りつぶしてしまったり。

それを、また拭き取って上から重ねて。何度も何度も、繰り返す。

営業していてたまたま、正面で始まったから、ぽけーっと見ていたんだけど魅了されて、気付いたら号泣してました。笑

**************

きっと、作品には、成功も、失敗もない。完成がどうなるか、アーティストさんだってわからない。

でもイメージはしっかりとあって、意思もしっかりとある。途中で、潔く上から塗りつぶしても、一色にはならない。

油性のクレヨンで描いたところに水性の絵の具はのらなくて、きれいに弾いて水玉みたいになったり。完成はどうなるかわからないけど、ひとつひとつの工程が後から活きてくる。

 

その時、これ!っと思ったことを思いっきりやる。感じたままに、やってみる。そこに、それまでの経験が重なっていい味をだしていく。なんか、生き方とか人生とかそんなのを表現しているみたいだった。その、数十分でたくさん感じることがあった。

***************

終わった後、アーティストさんに興奮気味にお礼を伝えたら『感受性が豊かなんですね♪』と、言ってくれた。その言葉を、帰りの車の中でひたすら考える事となる。

→②へつづく。

**************

わたし

「LIVEでやってて、失敗しちゃったーってこともあるんですか?」

タキナオさん

「成功ってないから、失敗もとくにないんです。でも、描いている最中に楽しくない時は、なんか違うなって思います。」

2016年06月20日 | Posted in NONのこと, ブログNo Comments » 

 

歳の離れた、友人

IMG_0025 copy

 

今日はお休みの月曜日。とある、行きたかった場所に行ってきました。

2年以上、私が豊田で出店しているときは毎日顔を合わせて、たくさんおしゃべりして。「おはよう」から始まって、「また、明日ね」と言える、大好きなお客さんのお見舞い。

毎日会っていたから、会わない日は心配になって。「僕がぱたっと来なくなったら、入院したと思ってね。」「その時には、僕の大好物な美味しいものをたくさん持ってお見舞いにきてね♪」なんて言う、チャーミングなおじちゃん。

**************

2年前は、一日中ほとんどお客さんも来なくて2時間も3時間もずーっと2人でおしゃべりして、いろんな話をしてくれて。親子以上に歳は離れているけど、とっても仲良し。

 

お見舞いの時に、「患者さんとのご関係は?」と聞かれて、思わず、「友人です。」なんか照れ臭かったけど、私と彼はきっと歳の離れた友人 、なんだと思う。

私は彼を大好きで、彼も私を大好き。私は彼を信頼していて、彼も私を信頼している。

差し入れはいつものアイスコーヒー と(糖尿病が心配だからお砂糖はひとつだけ。)彼の大好きなお客さんからの、動画と手紙と、Tシャツと。

***************

いつも、私の結婚や恋愛をとても心配してくれて、カード占いをしてくれる。いつか私が お母さんになれたら、赤ちゃん抱っこして欲しいな、と思う。だから、まだまだ元気でいて欲しい。

他の予定を調整してでも、行けてよかった。

***************

ちょっと話は変わるけど、すこし前に気付いたことがある。私は、いつも働いていて楽しいなー幸せだなーって思うけど、それは、お客さんたちが気持ちよく働かせてくれているんだってこと。

 

私がなにも言わなくっても席を譲りあってくれたり。ちっちゃな赤ちゃんがいたら離れてタバコを吸ってくれたり。仕事帰りで疲れているのに、笑顔で接してくれたり。ひとりのお客さんの幸せを、みんなでお祝いしてくれたり。女性が来たら日陰の席を譲ってくれた紳士の方もいた。

みんなが周りをみて、気を遣ってくれているおかげで私は幸せに働けている。働かせてもらっている。

 

そんなお客さんがたくさんいて、そんな大好きな人たちにたくさん出逢えて、移動カフェをやって心からよかったと思う。

本当の根っからの悪い人  なんていないんじゃないかって思う。日々いろんな事があるけど、私はやっぱり、人 が好きみたい。

先週は、そんな事を考えていた。さて、今週は何を考えようかな。何を感じようかな。

 

**********NON**

2016年06月20日 | Posted in ブログNo Comments » 

 

『お姉さん、前はバリスタだったんですか?』

ちょっと前にお客さんに質問いただいて、それから自分の中で、ぐるぐると考えていた言葉。

「お姉さん 前 はバリスタだったんですか?」

 

IMG_0035 copy

うーーーーーーーん、なんと心に残る質問。なんでかって言うと、そのとき改めて私は 今、バリスタなのか?バリスタじゃないのか?と、意識したから。

その方は、単に前の職業を聞いただけだと思う。だけど、自分にはとても心に残った。

 

自分が今、《何である》って、あんまり意識していなかった事に気付いてしまったから。

店舗ではないし、『カフェバーに立ってコーヒーをいれる人』ではない。じゃあ、なんだろう???

************

お店で雇って頂いて働いていたときは、きっと《バリスタ》。でも、その時より今の方が絶対に、目の前のお客さんひとりひとりにぴったりなコーヒーを渡せている自信がある。

いつも通ってくれているお客さんであれば、どのメニューが好きなのか。お砂糖ミルクは使うのか。

好みの味の濃さ、好みの温度(熱めが好き、ぬるめが好き氷の量や液体そのものの温度。持ち帰って飲むのか、今すぐに飲むのか)

甘さの調整(甘くする、と言ってもシロップを増やすのかコーヒーを減らしてミルクを増やすのか、どちらがこのお客さんは好きだろう?)

気温の変化による感じる温度の違い(屋外で営業しているから寒くて凍えそうな時は、買ってくれる目的が、手を温める事かもしれない。冷めにくいメニューがいいかもしれない。いや、単にコーヒーが飲みたいだけかもしれない。なにが、今のベストかなにを、望んでいるのか)

初めてのお客さんであれば、頼み方や伝え方で、なんとなく読み取る。

「どれが1番甘いですか?」と聞かれたら、甘いのが好きなのかな とか お子様と飲むのかな とか コーヒーは苦手だけど、ラテアートが好きなのかな とか。

コーヒーしかないお店で「おすすめ下さい」と言う方は、きっとコーヒー好きなお客さんかな とか。

「氷を抜いてください」と言われたら、お子様が飲むのかな とか薄まるのが嫌なのかな とか、冷たすぎる飲み物が苦手なのかな とか。

それによって、少しずつ ぴったり な作り方は変わってくる。

なんとなく、想像する。当たらないかもしれないけど、想像する。

 

大事な事であれば、会話に織り交ぜてさりげなく聞いてみる。それから、自分の基準を元に美味しく渡せる範囲で微調整する。いつものお客さんであれば、1番大事な《どうしてここに寄ってくれるのか》その目的も、ひとりひとり違うはず。

だから、想像する。

感じる事、想像する事、ふとした会話の中から発見する事、覚えていく事。それを繋ぎ合わせて、一杯のコーヒーを創る事それが、私の仕事。そんな事が楽しくて仕方がない。

もちろん、全てを満たすことは出来ないかもしれないし、ドリンクを作るときに、コーヒーの常識とか自分の基準はあるんだけど、、、ひとりひとりのお客さんと、信頼関係を築きながら一杯のコーヒーを創る。

同じドリップコーヒーというメニューであっても、○○さん用と△△さん用は同じではない。その人の事を思いながら淹れている。

**************

そんなことを考えていた。

そんなことを考えていたら、結局、バリスタでもバリスタじゃなくてもどっちでもいいんじゃないか?

と、いうところにたどり着きました♪

名称がなんであれ、私の《すべき事》《したい事》は 変わらない。

目の前のお客さんに、ぴったりな一杯を創ること。《お気に入り》を一緒に探すこと。その一杯を通してその人の暮らしをちょっとだけ、豊かにすること。

それが、私の職業。

たくさん考えさせてくれた質問に、お客さんに、感謝。

 

**********NON**

 

2016年06月20日 | Posted in バリスタのこと, ブログ, 働くシアワセ2 Comments » 

 

1 30 31 32 33 34 35