「育つ」のをサポートする、という視点


ある日、家に帰ると庭のすみっこに畑ができていた。

これはもう、彼の仕業に違いない。彼の大好きな番組、鉄腕DASHの影響に違いない。

実は私は、植物を育てるのはすごく苦手。なんか知らないけど、いつも気付いたら枯れてしまう。

実家にいる時は、もらってきた球根やお花はすべてお母さんに丸投げしていた。

動物も育てたことないし、仕事上でもそう。「育てられる」体験はしていても「育てる」体験はほぼ皆無に等しい。

*************

植えたすぐの何日かは、朝、水をあげるのを忘れて干からびそうになってしまった。彼は毎朝、家にいるわけではないから、私が忘れてしまったらダメなわけで。

最近は忘れないようにお水をあげている。

だんだん慣れてくると、お花や植物にお水をあげるのは結構たのしい。

乾いた土に水をあげると、ごくごくと美味しそうに飲み干していく。植物も潤いはじめ、クテっとなっていた葉っぱがだんだんピンッとしてくる。

「ありがとう」という声が聞こえてきそうなほど、この水を楽しみに待っていたのであろう。

水をあげている瞬間は、心が穏やかになる。

************

少し前の話。

コーヒーをドリップしていたら、その光景を見たお客さんに「植木鉢に水をあげているみたい!」と言われたことを思い出した。

確かに、今思えば、植木鉢にお水をあげるのとコーヒーをドリップするのはよく似ている。

どちらも、丁寧に接することで優しい気持ちになるのだ。植物が「元気になあれ」だとしたら、コーヒーは「美味しくなあれ」かもしれない。

自分を押し出すのではなく、目の前にあるモノの様子を感じながら注ぐ。そんな感じ。

************

「育てる」というと、気負ってしまうような気もするけど、もしかしたら「育つ」のをサポートするというくらいでちょうどいいのかもしれない。

「育てる」は、親(育てる側)から見た視線。

「育つ」は、子(育っていく側)から見た視線。

あくまで、「育つ」という主役は「子」である。

************

土壌を整え、水をやり、周りの雑草を抜いて、育ちやすい環境を作ることは出来る。

でも、私が出来るのはそんなことまでで、実際に大きくなっていく主役は「植物」である。

お腹の中の命だってそう。

なるべくいい環境にしてあげて、栄養をしっかりとってあげて、私にできることはすべてしたいと思う。

でも、実際に大きくなっていく主役は「本人」なのだ。

お腹の中にいたとしても、一人の人間。

私にできることは、まだまだ小さな命を、一人の人間として尊重し信頼することなのかもしれない。

**************

そんなことを思うようになったのは、先日貸していただいた1冊の本のおかげだ。

「大丈夫やで」著者:坂本フジエ

「産む」のではなく、「産まれる」のをサポートする。赤ちゃんの力を信頼する。心配しなくても、大丈夫やで。

そんな言葉で綴られている。

「ほんまにおめでとう!」と言いながら、大好きなお客さんが貸してくれた本。

不安が、和らぐような、肩の力が抜けるような気持ちになれた。とても素敵な本だった。

*************

庭のトマトも、小さな実をつけ始めている。まだまだ緑で、固くて、ちっちゃな実。

この実が少しづつ大きくなっていくのを、見守ろう。

私が育てているのではなく、トマトが育っている。そんな視点でいよう。

急がず、焦らず、のんびりと。

*************

最後までおつきあいいただきありがとうございました。

豊田市駅の移動カフェcafebusnonの希でした。

2017年05月16日 | Posted in NONのこと, オススメ本, ブログ, 生きるシアワセ | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • kogaim より:

    春になってやっと行くことができました。
    ラテアート作っていただき、ありがとうございました。

    僕の家にも3月に子どもが産まれてくれました。
    生活が一変して大変だけど、ずっと一緒にいたい。
    今はそんな感じです。

    「どんな子に育てようか?」と一生懸命考えていたけど、このブログを見てハッとしたのでコメントしました。
    子どもが「育つ」上で、視野を、世界を広げてあげられるよう愛情持ってサポートしていければと思います。

    妊娠中も色々制限があって大変ですが、僕の奥さんは楽しかったみたいです。
    お体に気を付けて、今しかない時間を楽しんでください。

    • nonnon より:

      kogaimさん

      先日はありがとうございました(*^^*)
      こうして、文章を通して知り合った方とお会いできるのって、照れくさいような、とっても嬉しいような・・・
      わざわざ来ていただいたことが本当にありがたいなあと思います。

      お子様と、ずっと一緒にいたいって、めちゃくちゃ素敵です♪
      このブログを書いてて思ったのは、
      「なんのために育てるのか」によってもかわるのかなあと…
      組織や、自分のために育てるのであれば、「育てる」だし、その子のための成長を見守るのであれば「育つ」を見守る。

      本当に素敵なお父さんだと思います。
      私も、あと少しの妊婦さん、楽しみます♪(*^^*)
      ありがとうございました♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です