【移動販売あるある】買取販売ってなんだ?

Pocket

移動販売ではあるあるの話、買取販売について。

201689 リトルクック→青砥_8678

私は、普段の平日は豊田市駅前で普通に営業しています。そして、週末はおもに出張販売しています。

出張販売とは、大きく2種類あります。

1つ目は、イベント出店です。イベントはだいたい屋外や、体育館のようなホールでやることが多く、普段は当然そんなところに飲食店はありません。ですが、イベントで人が集まるのであれば、食べ物やドリンクがあったほうがいい。そんな時に、主催者さんから依頼を頂いたり、野外フェスなどを盛り上げるべく応募して出店するという方式です。

お代はお客様からいただき、食べたいと思った人に買っていただきます。人気のお店は、大行列になったりします。

**************

2つ目は、もう少し小さな規模の出店依頼です。お店の開店祝いや周年祭などが主で、いつもの空間を少し華やかに彩るために出張いたします。その際に、お客様からお代を頂く場合と、企業やお店側(ご依頼主)から一括でお代を頂くのと2パターンあります。

初めから杯数を決めておいて、ご依頼主様から終了後に一括でお代を頂くことを買取販売と言います。

例えば…○○時から○○時までで、100杯提供してほしい。目的は、来てくれたお客様へのプレゼントとして。…などなど。

お客様に喜んでもらうために、プレゼントとして用いられることや、日頃の感謝の気持ちから用いられること、集客目的で呼んでいただくことが主になります。移動販売車を依頼する際は、この目的の部分をしっかり決めて依頼した方がいいかなと思います。誰のために、何をしたいのか。そうしないと、思ったような効果をえられない場合があるからです。

**************

買取販売、となると、実際に商品を口にするお客様にとっては無料配布というイメージがついてしまうので、普段はあまり依頼をお受けすることはありません。

その対価を払っても飲みたい、と感じてくれたお客様に心を込めて提供するのが自分の仕事だと思っているからです。ただし、たまに例外があります。こういう依頼こそ自分にしか出来ない仕事だな、と感じた時です。今日は、その例外の日でした。名古屋の西区で小児科の移転祝いです。

移動販売車だからこそ出来ることってなんだろう?人が多いところに売りに行くのも一つの手。ただ、人が多く、明らかにたくさん売れそうなところに行くことは、自分じゃなくても出来る仕事かな、と思っています。他の出張しているカフェもたくさんあるのだから、私が行く必要性や、私じゃなきゃダメな理由はない。

でも、私だからこそ出来る現場もきっとあるはず。

そんなに売り上げ金額が大きくなかったとしても、必要としてくれている現場があるはず。私の判断基準は、そんなところです。

もちろん、経営していく以上は赤字で帰るわけにはいかないので、その辺りは頭の中でシュミレーションしたり、今までの経験からの予想を立てます。場合によっては依頼をお断りしたりもせざるおえませんが、出来るだけ自分にしかできない仕事をやっていけたらいいなと思います。

***************

明日も、1日充実した日になりそうです♪

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。豊田市駅の移動カフェcafebusnonの希でした。

***************

出店依頼は、こちらから・・・

ソーシャル
2016年10月09日 | Posted in ブログ, 移動販売のコト | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • ねぶ より:

    のんちゃん夜中にこんばんは^^

    使命感と経営観念の融合って感じですかね。
    判断は自分。
    素晴らしい事だと思いますよ(^^♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です