Kindle Unlimited 読み放題を辞めました。

Pocket

Macに変えてから、Kindleを利用するようになりました。

書籍で買うことが多いけど、この本は電子書籍のキンドルでもいいかも。そう思った本は、キンドルを利用していました。

そして、利用していく中で、キンドルアンリミテッドなるものを見つけました。

月額980円で、読み放題。(指定された本の中から選べる)

***********

本を読むのが好きな人にとっては、読み放題とか言われると、しかも月額980円とか言われると、もうとても魅力的な気がしてしょうがない。

そこで、試しに登録してみました。

結果。

…2ヶ月経って、解約しました。

***********

そして、ある大事なことに気が付きました。

それは、本が私にとってどういう存在なのかということ。

本=暇つぶし または活字中毒。そういう人にとっては、キンドルアンリミテッドは、すごくいいのかもしれません。

なんせ、月に980円で読み放題なので、これほどコスパがいいものはない。

《ただ、私にとって、本を読むということは暇つぶしでなはい。》

むしろ、自分の人生の限られた時間で、もっと成長したいし、感性を磨きたい。そう思うから、少しの時間でも本を開けたらいいなと思うし、より自分自身を生きるために吸収したいと思っている。

暇を潰すのではなく、他の何かを削ってでも確保したい。それが、私が本に対する思い。

キンドルアンリミテッドは、たくさんの本が選べるけど、どうしても読みたい本はなかったりもする。(あった場合は、超ラッキー)読みたい本がなかったとしても《せっかく登録しているのだから》という理由で、読み放題の中からそんなに興味がなかったとしても、選ぼうとしてしまう。

***********

これって、洋服のバーゲンやセールにも似ている。

《本当にそれが欲しいのか》よりも《今、これを買うことがお得かも…》という、自分の価値観以上に、売る側の価値観に踊らされているようなもの。

つまり、正常な判断が出来ないのである。

正規の値段では買わないけど、値引きされているなら買ってもいいかも…無料だったら、もらってもいいかも…

実際に、そう思って買ったものや、もらったものに、愛着を持てるものは少ない。(大切な人に、自分好みのプレゼントをもらった時などは、自分で買うよりもめちゃくちゃ嬉しいものだけど。)

自分がその商品に対して、決められた金額の価値を見出して、それでも欲しい!やりたい!行ってみたい!喜んでほしい!と思ったことにお金は使いたい。

そう思うと、キンドルアンリミテッドは、私にとって超非効率とも言える。

もちろん、本に対して、全然違う感覚の人もいる。

「とにかく活字が好きで好きでしょうがない!内容よりも、字を見ていることが好きなんだ!」そう思う人にとっては、とても効率的なのかもしれないのですが…

ただ、お金と時間を投資したい!という気持ちは、自分の正直な心の声なので、聞き逃さないように大切にしたい。

*************

書いていて気付いたことは、そもそも元から「〇〇放題」というものが好きではなかったのに、なんで登録しようと思ってしまったのか。

Amazonのサイトを見ていたら…つい…登録ボタンを押していたのだ!Amazonさん、すごいな~。やりますな~♪

というわけで、お金を払っても吸収したいことを、これからもチョイスしていきます♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。豊田市駅の移動カフェcafebusnonの希でした。

2016年12月21日 | Posted in NONのこと, ブログ, 生きるシアワセ | | 8 Comments » 

関連記事

コメント8件

  • シゲちゃん より:

    のんちゃん、おはよ~。
    〇〇し放題!
    って、呪縛ですよねぇ。
    私もいろいろと思いとどまっています。

    • non より:

      シゲちゃんさん

      そうそう、元を取れるか取れないか、と考えている時点で、本質がズレているような気がします。
      それ、本当に必要だったのかな?って。

      《選ぶ》と《選ばされている》この違いに気付いたら、豊かになる気がします。

  • たまご より:

    「コスパ」が判断基準の上位にきて当たり前。
    って風潮が強いけど、
    「人生コスパだけじゃないだろ!!」っていう姿勢に、
    共感したり、憧れたりします。

    • non より:

      たまごさん

      私もそう思います。
      なんとなく《お得》って言葉を避けてしまっている私がいます。笑

      まあ、避けるまではいかなくても、自分にとっての《本当に必要なもの》を
      知ってててあげたいですね。自分のために。

  • KT より:

    のんちゃん、お疲れさま。
    数年前から文庫本もCDと同じで減ってきてるよね。
    僕も本を読むのが好きだけど、電子書籍は好きではありません。
    どうしても、手に取って、作者の意図や思いを感じて読みたいです。
    例え同じものでもです。。

    確かに「◯◯放題」と聞くとお得感満載かもしれないけど、実際は売り手側の手の内にあるのが本音なとこ。
    でも、たまに釣られちゃいますけど(笑)

    今日もまた本屋にふらっと寄ってこよかな(^^)/

    • non より:

      KTさん

      本屋さん、本当にテーマパークのように楽しいです。
      電子書籍の、ストアを見てても、同じワクワク感はなかなか起きません。

      今日も、素敵な本貸していただいてありがとうございました♪
      年末は、ハンモックでごろごろしながら、最高のひとときです。
      想像するだけで、ニヤニヤ。(*´∀`)

  • 90 より:

    情報としてなら電子データでもいいけれど
    本好きは装丁とか含めて好きなんだろうね

    ある実験では反射光と透過光では
    脳の活性範囲がかなり違うそうな

    • non より:

      90さん

      なるほど!情報として得るものは電子データ。
      そういう使い分け、いいかもしれないです!

      なるほど、なるほど。
      だから同じようでも違う感じがするんですね。納得です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です